妻の不貞相手から慰謝料100万円を獲得した事例

依頼者  男性 配偶者(有) 子ども(有)
相手方  男性 配偶者(無) 資力(有)
交際期間 半年
証 拠  
有(興信所の報告書)
慰謝料  
100万円(受領)
手続方法
 交渉
受任から解決までの期間 
1年

解決のポイント

 妻の不貞相手に対する慰謝料請求でご相談をお受けしましたが,その時点では,まだ不貞の証拠は不十分でした。

 そこで,当方が興信所を紹介し,証拠の収集をしていただくことになりました。

 興信所からの調査報告で不貞が確実となりましたので,相手方に対し,慰謝料を請求する旨の催告書を内容証明郵便で送付しました。

 相手方は,依頼者の妻との交際は認めましたが,交際開始時点において,依頼者とその妻はすでに婚姻関係が破綻していたため,自身に責任はない。請求には応じられないと主張してきました。

 当方は,婚姻関係は破綻していなかったことを証する事実等を述べ,粘り強く交渉しました。

 その結果,慰謝料100万円を一括で支払うという内容で合意しました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP