1度だけの不貞行為に対し不貞慰謝料請求訴訟を提起された事例

依頼者  男性  配偶者(無) 子ども(無) 
相手方  男性  配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない
交際期間 2ヵ月
証 拠  有(LINE、写真、GPS、不貞相手の自白)
慰謝料  110万円
手続方法 裁判(依頼から解決まで約1か月)
受任から解決まで 4ヶ月

解決のポイント

依頼者様は相手方夫婦と共通の趣味を通じて知り合い,1度だけ不貞関係に及んだという事案です。

相手方から依頼者様に対して160万円程度の慰謝料を請求する訴訟が提起されましたが,相手方夫婦が離婚にまで至っていないこと,不貞期間が短く回数も少ないこと,依頼者様と女性とが仲良くなる以前から相手方夫婦間には様々な問題が生じていたことなどから,約30%減額した110万円での和解を成立させることができました。

相手方が感情的になっており説得が難しい面もありましたが,遠方への出廷の負担も鑑み,早期に解決することができた事案です。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP