夫の不貞相手から慰謝料174万を獲得した例

依頼者 妻

相手方 夫の不貞相手

ご依頼の経緯・ご要望

夫の不貞相手に慰謝料を請求したい。

解決のポイント

本件は、不貞の有無が争点となりました。探偵の証拠写真では、不貞配偶者と不貞相手がキスをしている写真しかなく、証拠として決定的ではありませんでした。

しかし、不貞配偶者と不貞相手が交信していたメールを確認したところ、肉体関係がなければ言わないような内容の記述がされておりました。

そこで、当方は、証拠写真では不貞配偶者と不貞相手が親密な関係に至っていること、また、関係を強く推認させるメールが存在していると主張して、相手方に不貞を認めさせることに成功しました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP