既婚者同士の不貞関係(ダブル不倫)により妻の不貞相手から慰謝料を回収した事例

依頼者 男性 30代

相手方 男性 30代

争 点 ①不貞行為の期間と回数、②慰謝料

ご依頼の経緯・ご要望

 依頼者の妻が通うサークルのメンバーだった男性と妻が不貞関係を持つようになり,二人の関係が相手方の妻に知れるところとなった。

 双方配偶者同伴の4人で話し合いを持ち,互いに連絡を取り合わないことなどを定めた誓約書を作成したが,その後も妻と男性は連絡を取り続けていたことが発覚し,慰謝料請求の訴訟提訴に至った。

解決のポイント

 本件では,男性の妻から依頼者の妻に対する慰謝料請求訴訟が提起されていました。そして,それに遅れる形で,依頼者が男性に対する慰謝料請求訴訟を提起しました。

 相手の男性は,妻と不貞関係にあったこと自体は認めていたものの,その回数や期間については殊更に少なく主張していた他,不貞関係については依頼者の妻の方が積極的であったこと,依頼者夫婦が離婚しないこと等の事情を主張し,慰謝料は50万円程度しか支払えないと主張していました。

 一方,先行していた男性の妻から依頼者の妻に対する訴訟では,慰謝料80万円が支払われることになりました。このため,男性は80万円以下の慰謝料額を強く主張していましたが,粘り強く主張した結果,慰謝料90万円を獲得するとともに,互いに求償権を行使しないことを合意しました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP