夫の不貞相手から慰謝料120万円を獲得した例

依頼者 妻
相手方 夫の不貞相手

ご依頼の経緯・ご要望

夫の不貞相手に対し慰謝料を請求したが,返事がない。

解決のポイント

夫の不貞相手に対し,内容証明郵便による通知をし,慰謝料として300万円を請求しました。これに対して,不貞相手の代理人弁護士は,50万円の慰謝料しか支払わないと主張してきました。その理由は,相手方は,夫から見せられた証拠から,依頼者と夫が離婚すると信じていたので,肉体関係を持っても責任はない,というものでした。 

しかし,依頼者は,相手方が夫宛てに書いた手紙を所持しており,そこには,不貞当時に,相手方が,依頼者と夫との夫婦関係を嫉妬している内容の記述がありました。当方は,これを用いて,相手方の主張は手紙の内容と矛盾していると反論した結果,相手方は120万円の解決金の支払いに応じました。

また,依頼者は,夫を許して夫婦関係をやり直していくつもりでしたが,夫と相手方が,示談後も接触する可能性があったため,相手方と,接触禁止条項と,その違約条項を定めた内容の公正証書も取り交わしました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP