妻の不貞相手から慰謝料100万円を獲得した事例

依頼者 男性(配偶者あり、子どもあり)

相手方 男性(配偶者なし、子どもなし)

交際期間 約1年間

証 拠  有(メール)

慰謝料  100万円 

手続方法 交渉

受任から解決までの期間 3ヶ月

解決のポイント・事件の特徴など

弁護士から不貞相手本人へ,慰謝料300万円の支払いを求める内容証明郵便を送り,交渉を開始しました。相手方代理人は,不貞行為自体は認めたうえで,不貞の期間は約1年程度であり,離婚成立等による婚姻破綻の事実はないとして,50万円の一括払いを提案してきました。

当方は,依頼者や子どもたちへの影響は甚大であること現状依頼者の多大な努力によって婚姻生活が保たれていることを強く主張し,大幅な減額交渉には応じない姿勢で交渉をすすめました。

最終的に,今後妻と一切接触しないこと,慰謝料100万円を一括で支払うという条件で合意書を交わし,100万円の支払いを受けることができました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP