夫の不貞相手から慰謝料120万円を獲得した事例

依頼者  女性 配偶者(有) 子ども(有)
相手方  女性 配偶者(無) 子ども(無)
交際期間 約1
証 拠  
LINEのやり取り、写真
慰謝料  
120万円(受領)
手続方法
 交渉
受任から解決までの期間 
約半年

解決のポイント

 まず,夫の不貞相手に対し慰謝料を支払うよう,内容証明郵便で催告しました。

 相手方は,男性(依頼者の夫)と不貞関係にあったことを認めましたが,資力がないことを理由に,慰謝料の減額(100万円以下)及びそれを分割で支払うという案を提示してきました。

 依頼者の手元にある証拠から,相手方は,男性が既婚者であることを知りながら関係を持っていたこと,交際約1年の間に,男性と100回以上会っていたこと等がわかっていましたので,依頼者としては100万円以下での合意は到底考えられないとのことでした。
 
 当方は,依頼者の意向に沿って交渉を進め,最終的に120万円を分割で支払うという内容で合意しました。

 結果として,膨大な証拠を精査し,100回以上の不貞行為を確認したことで,夫婦が離婚しない場合の慰謝料請求としては高額の慰謝料を得ることができました。

 また,支払が滞った際に,相手方の財産を差し押さえられるよう,裁判所に即決和解の申立てをして債務名義を取得しました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP