接触禁止の約束を破った夫の不貞相手に違約金500万円を請求し,合意した事例

 

依頼者 女性 配偶者有 子ども有 離婚していない

相手方 女性 配偶者無 子ども無

証拠  有 (調査会社の報告書,夫の携帯電話に残っていたメッセージ履歴)

違約金 500万円

手続方法 交渉

受任から解決(合意書作成)までの期間 1か月

 

解決のポイント

 依頼者は相手方との間で,慰謝料を支払うこと,夫と今後一切接触しないこと,接触した場合は違約金を支払うことを約束した公正証書を作成していました。

 しかし,相手方は,公正証書作成後も依頼者の夫と何度も会い,メッセージのやり取りもしていたため,当方は公正証書に基づき違約金500万円を請求しました。相手方は,150万円での和解を求めてきましたが,交渉の結果,500万円で合意しました。

 支払が分割となったため,将来,支払が滞った際に財産の差押えができるよう,裁判所に即決和解の申立てをし,債務名義を取得しました。

 妻の不倫が発覚し、不倫相手に慰謝料請求をしました。依頼者の意向により、250万円の慰謝料請求をしました。


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP