不貞行為の慰謝料として200万円を要求されたことに対し,80万円の支払いで示談した例

 

依頼者:女性/20代

相手方:不倫相手の男性の妻/30代

関与者:不倫相手の男性/30代

 

事案の経緯

依頼者が,ある男性と不倫関係にあったところ,その男性の妻に不倫が発覚しました。

男性の妻から依頼者に対して,不貞行為を理由に200万円の慰謝料を求める内容証明が届いたため,対応のご依頼をお受けしました。

 

争点

不貞行為の慰謝料額 

 

解決のポイント

不貞行為発覚後も,男性とその妻との婚姻関係は継続しており,不貞行為により婚姻関係が破綻に至らなかったことから,慰謝料額としては請求額ほど高額にはならないものと考えました。そこで,男性の妻へ宛てた謝罪文を作成することや,今後一切相手方の男性に関わらないことを条件に,80万円の慰謝料の支払いで合意しました。

 


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP