不貞行為をした妻と相手方から慰謝料を取得。3ヶ月で協議離婚が成立した例

依頼者:夫/30代

相手方:妻/20代

 

事案の経緯

妻の不貞行為が発覚したため,慰謝料請求を行いたいが,証拠が十分か否かを検討してほしいとのことでご相談をお受けしました。

 

争点

依頼者が保管している資料をもって,慰謝料請求の証拠として足り得るか 
 
 

解決のポイント

弁護士が証拠を検討した結果,慰謝料請求の証拠として足り得るものと判断し,ご依頼をお受けしました。

当初は妻と不貞相手の男性は不貞関係を否定していましたが,証拠の存在とその内容を指摘したところ,不貞行為を認め,協議離婚及び慰謝料100万円の支払に合意しました。

慰謝料額については,妻と不貞相手の支払能力があまり無かったこと,依頼者が早期解決を希望していたこと,交渉が長期化することによる依頼者の精神的負担の大きさ等を考慮し,100万円で合意することとしました。ご依頼から3か月でのスピード解決となりました。

 

 

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP