夫の浮気相手と交渉し,合意書を作成した上で別れさせた事例

 

依頼者:妻/40代
相手方:夫の不貞相手である女性/40代
 

夫の浮気

夫の浮気が発覚し,当事務所にご相談にいらっしゃいました。しかし,依頼者も離婚をする気はなく,夫と浮気相手に別れてもらい,夫婦の関係修復をしたいということでした。

 

浮気相手との交渉

不貞行為は離婚に発展する事が多く,今回のように関係修復を求めるケースはあまり多くありません。このため,今回のケースは失敗に終わる可能性もあるということをまずお話させていただきました。

そして,まず,依頼者の夫と不貞相手の関係を絶つために,不貞相手に対して慰謝料請求を行うことにしました。ただし,慰謝料請求をしても,夫と不貞相手が別れず,夫との関係修復どころかむしろ夫との関係が悪くなる可能性も予想ありました。

 

しかしながら,夫の性格を熟知している依頼者の方と慎重にご相談させていただいた上で,不貞相手に慰謝料請求をすることで夫と別れてもらうという可能性にかけることにしました。そして,弁護士から不貞相手に慰謝料の支払いを求める内容証明郵便を送り,交渉を開始しました。

交渉の結果,不貞相手の女性は,依頼者の夫と別れ,今後夫とは会わないことを約束しました。その代わり,依頼者から不貞相手に対する慰謝料請求は,今回に限って免除することとしました。もっとも,不貞相手が今後再び夫と関係を持つようなことがあれば,依頼者に対して200万円の慰謝料を支払う旨の合意書を取り交わし,無事に解決に至りました。

 

ポイント

夫と不貞相手を別れさせるということは難しく,失敗に終わる可能性もありました。ただ,依頼者の方も強い決意で臨まれていましたので,何とか依頼者のご意向に沿えるよう交渉に力を入れました。

不貞相手の女性との交渉は当初電話で行っていましたが,なかなか連絡が取れなかったり,話をはぐらかされたりと交渉が難航したため,相手方に直接面会し,交渉を行いました。その結果,最終的には相手方との話し合いがまとまり,無事に依頼者の方の目的を達成することができました。
 
初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP