解決事例

既婚者同士の不貞関係(ダブル不倫)により妻の不貞相手から慰謝料を回収した事例

依頼者 男性 30代相手方 男性 30代争 点 ①不貞行為の期間と回数、②慰謝料 ご依頼の経緯・ご要望 依頼者の妻が通うサークルのメンバーだった男性と妻が不貞関係を持つようになり,二人の関係が相手方の妻に知れるところとなった。 双方配偶者同伴の4人で話し合いを持ち,互いに連絡を取り合わないことなどを定めた誓約書を作成したが,その後も妻と男性は連絡を取り続けていたことが発覚し,慰謝料請求の訴訟提訴に
続きを読む >>

夫の不貞相手から慰謝料174万を獲得した例

依頼者 妻相手方 夫の不貞相手ご依頼の経緯・ご要望夫の不貞相手に慰謝料を請求したい。解決のポイント本件は、不貞の有無が争点となりました。探偵の証拠写真では、不貞配偶者と不貞相手がキスをしている写真しかなく、証拠として決定的ではありませんでした。しかし、不貞配偶者と不貞相手が交信していたメールを確認したところ、肉体関係がなければ言わないような内容の記述がされておりました。そこで、当方は、証拠写真では
続きを読む >>

不貞行為の慰謝料として700万円を請求されたことに対し、110万円(分割払い)の支払いで示談した例

依頼者 女性相手方 不貞相手の妻 争 点 不貞行為の慰謝料額  ご依頼の経緯・ご要望依頼者がある男性と不倫関係にあったところ、その男性の妻から慰謝料として700万円を請求されました。どのように対応すれば良いかということで、当事務所にご相談に来られました。解決のポイント以下の理由から、慰謝料700万円は高額であると考え、相手方に対し減額の交渉を行いました。①交際期間が約3~4か月と比較的短期間であっ
続きを読む >>

不貞相手の女性2名から合計450万円の慰謝料を獲得し,夫から財産分与と慰謝料として合計700万円の支払いを受け,合計として1150万円の獲得に成功した事例

依頼者 妻 40代  会社員 相手方 夫 40代  会社員離婚に至る原因 モラハラ・浮気・暴力争点 ③財産分与,④慰謝料ご依頼の経緯夫の不貞年数が長く、相手も複数人数いることがわかり、探偵を付けて不貞の証拠をつかんだ。慰謝料と自宅不動産をもらって離婚したい。 解決のポイント夫が少なくとも2名以上の女性と浮気していた上,暴力やモラハラもあり、妻が逃げるようにして別居を開始した事案です。妻の方からご依
続きを読む >>

夫の不貞相手から慰謝料250万円を獲得した例

依頼者 妻 30代 相手方 夫の不貞相手ご依頼の経緯 夫の不貞が発覚し、夫婦関係が破綻してしまいました。夫の不貞相手に慰謝料を請求したいということで、当事務所にご依頼がありました。解決のポイント 夫の不貞相手に対し内容証明郵便を送付し、慰謝料として250万円を請求しました。不貞相手から連絡があり、支払交渉をした結果、当方の請求どおり慰謝料250万円を支払ってもらいました。① 不貞期間:約3カ月②
続きを読む >>

夫の浮気相手と交渉し,合意書を作成した上で別れさせた事例

依頼者:妻/40代 相手方:夫の不貞相手である女性/40代 夫の浮気 夫の浮気が発覚し,当事務所にご相談にいらっしゃいました。しかし,依頼者も離婚をする気はなく,夫と浮気相手に別れてもらい,夫婦の関係修復をしたいということでした。 浮気相手との交渉 不貞行為は離婚に発展する事が多く,今回のように関係修復を求めるケースはあまり多くありません。このため,今回のケースは失敗に終わる可能性もある
続きを読む >>

夫の2人の浮気相手から慰謝料150万円と200万円を獲得した例

依頼者:妻/60代 相手方:夫の不貞相手の女性2名 事案の経緯 30年以上婚姻生活が継続していたところ,夫が,2人の女性と不貞行為を行っていたことが判明しました。 夫の不貞相手の女性それぞれに対して慰謝料請求を行いたいとのご依頼をお受けしました。 争点 慰謝料請求の可否とその金額 解決のポイント 弁護士から夫の不貞相手の女性2名それぞれに対し,内容証明郵便を送付して慰謝料の支払いを
続きを読む >>

慰謝料,子の教育費及び就活費用,財産分与を調整し,4か月で協議離婚が成立した例

依頼者:夫/50代 相手方:妻/50代 子供:2人(いずれも成人だが,1名は学生) 事案の経緯 婚姻期間は30年を超えていましたが,夫が単身赴任を繰り返すうちに別居生活が継続するようになりました。 夫から,妻に対して協議離婚を持ちかけましたが,妻が話し合いに応じないとのことで,早期の離婚を実現するためにご依頼をお受けしました。 争点 ① 財産分与の対象時期 ② 将来の退職金の財産分
続きを読む >>

不貞行為をした妻と相手方から慰謝料を取得。3ヶ月で協議離婚が成立した例

依頼者:夫/30代 相手方:妻/20代 事案の経緯 妻の不貞行為が発覚したため,慰謝料請求を行いたいが,証拠が十分か否かを検討してほしいとのことでご相談をお受けしました。 争点 依頼者が保管している資料をもって,慰謝料請求の証拠として足り得るか  解決のポイント 弁護士が証拠を検討した結果,慰謝料請求の証拠として足り得るものと判断し,ご依頼をお受けしました。 当初は妻と不貞相手の男
続きを読む >>

不貞行為の慰謝料として200万円を要求されたことに対し,80万円の支払いで示談した例

依頼者:女性/20代 相手方:不倫相手の男性の妻/30代 関与者:不倫相手の男性/30代 事案の経緯 依頼者が,ある男性と不倫関係にあったところ,その男性の妻に不倫が発覚しました。 男性の妻から依頼者に対して,不貞行為を理由に200万円の慰謝料を求める内容証明が届いたため,対応のご依頼をお受けしました。 争点 不貞行為の慰謝料額  解決のポイント 不貞行為発覚後も,男性とその妻と
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP