解決事例

請求した全額の慰謝料を獲得した事例

依頼者  女 配偶者(有)相手方  女 配偶者(無) 交際期間 約4ヶ月証 拠  有 (念書)手続方法 交渉慰謝料  300万円受任から解決までの期間 約2ヶ月解決のポイント請求した金額(300万円)を全て支払わせることに成功した。受任から約2カ月で早期解決ができた事案。 
続きを読む >>

2度不貞行為を行った相手方から慰謝料を獲得した事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 資力(無) 離婚した相手方  女 配偶者(無) 子ども(無) 資力(無)交際期間 1年3ヶ月証 拠  有 (興信所報告書)手続方法 裁判慰謝料 慰謝料等140万円受任から解決までの期間 1年1ヶ月解決のポイント1度目の不貞発覚後,本人同士の交渉により少額の慰謝料を支払うことで和解した。しかし,相手方が2度目の不貞行為を行ったため,依頼者から訴訟を提起した。
続きを読む >>

控訴審まで争い慰謝料等200万円の獲得に成功した事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない 相手方  女 配偶者(無) 子ども(無) 資力(有) 交際期間 2年 証 拠  有 (興信所報告書) 手続方法 交渉→訴訟→控訴審 慰謝料 慰謝料等165万円+遅延損害金35万5000円+訴訟費用1万1000円(受領) 受任から解決までの期間 2年6ヶ月解決のポイント依頼者は,自宅に帰宅しなくなった夫が,賃貸マンションで女性と同棲しているこ
続きを読む >>

ダブル不倫で不貞相手の妻から不貞慰謝料請求訴訟を提起されたので,夫側から不貞相手に対し訴訟を提起し,お互いに慰謝料を請求しないということで和解した事例

依頼者  女・男 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない 資力(有)相手方  女・男 配偶者(有) 子ども(不明) 離婚していない 資力(不明)交際期間 4ヶ月 証 拠  有 (興信所報告書・LINE)手続方法 裁判受任から解決までの期間 約1年解決のポイントご依頼者様は不貞相手の妻から慰謝料請求をされたことからご相談にいらっしゃいました。受任後交渉を続けていましたが、折り合いがつかなかったこ
続きを読む >>

弁護士の介入により,慰謝料180万円の減額に成功した事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない相手方  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない交際期間 5ヶ月 証 拠  有 (録音・誓約書)手続方法 交渉受任から解決までの期間 5ヶ月解決のポイント相手方は,夫と依頼者との不貞行為による慰謝料として,300万円を請求していました。相手方夫婦は本件不貞が原因で,別居を余儀なくされており,不当に高い請求ではないと思われるところ,当方
続きを読む >>

不貞相手ではなく夫に対し慰謝料請求することになった事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有,2人,成人済み) 離婚していない 資力(無)相手方  女 配偶者(不明) 子ども(不明) 資力(不明)交際期間 約5~6年 証 拠  有 (興信所報告書)手続方法 交渉受任から解決までの期間 約3ヶ月解決のポイント 不貞の資料として興信所の報告書がありましたが,夫の不貞を推認するには不十分なものでした。 そこで,妻が不貞の証拠として夫側の不貞を認める会話の録
続きを読む >>

ダブル不倫で双方配偶者を含めた全員の損害賠償請求権を放棄することで解決した事例

依頼者  男 配偶者(有) 子ども(無) 離婚していない 資力(無)相手方  男 配偶者(有) 子ども(無) 離婚していない 資力(不明)交際期間 3ヶ月 証 拠  有 手続方法 交渉受任から解決までの期間 2週間解決のポイント依頼者様側だけでなく,相手方にも配偶者がいた事案です。相手方は,相手方配偶者と離婚する意思はありませんでしたが,依頼者様へ損害賠償請求を求める強い意思をお持ちでした。しかし
続きを読む >>

夫の不貞相手から慰謝料80万円を獲得した事例                                   

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない 資力(無)相手方  女 配偶者(無) 子ども(無)         資力(有)交際期間 5ヶ月 証 拠  有 ( 興信所報告書 ) 慰謝料  80万円( 受領 ) 手続方法 交渉受任から解決までの期間 6ヵ月解決のポイントご依頼者様は夫の浮気を疑い探偵事務所を利用したところ,夫の不貞が判明したため当事務所にご相談に来られました。相手方代理人
続きを読む >>

弁護士会照会制度を利用し不貞相手の住所を特定して慰謝料を得られた事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない相手方  女 配偶者(無) 子ども(有) 資力(有)交際期間 10年以上証 拠  メール・LINE、手紙・写真慰謝料  200万円(受領) 手続方法 交渉受任から解決までの期間 4ヵ月解決のポイント 依頼者がご相談に来られたとき,相手方の情報としてわかっていたのが,氏名と携帯の電話番号のみでした。当方は弁護士会照会制度を利用し,夫の不貞相手の
続きを読む >>

夫の不貞相手から慰謝料300万円を受領し,対面での謝罪を受けることができた事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない相手方  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない 資力(有)交際期間 10年以上証 拠  メール・ホテルの領収書慰謝料  300万円(受領) 手続方法 裁判受任から解決までの期間 3ヵ月解決のポイント 依頼者の夫と不貞相手の女性は,10年以上に渡り不貞関係にありました。依頼者は,不貞相手への慰謝料請求と謝罪を受けることを希望されました
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?20:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP