解決事例

公正証書を作成して解決した事例

立 場  請求する側依頼者  男 配偶者(有)子ども(無)離婚した相手方  男 配偶者(有)子ども(無)離婚しない 資力(無)交際期間 3か月証 拠  有(メッセージアプリ、誓約書)手続方法 示談慰謝料  100万円(受領)受任から解決までの期間 3か月解決のポイント事件の特徴など" 相手方が資力に乏しかったため慰謝料を分割払いとし、不払いとなった場合に強制執行できるように公正証書を作成しての解決
続きを読む >>

離婚はしていないものの、求償権放棄を前提とせずに合意できた事例

立 場  請求する側依頼者  女 配偶者(有)子ども(無)離婚する相手方  女 配偶者(無)子ども(無)独身 資力(有)交際期間 約2か月証 拠  有(LINE)手続方法 示談慰謝料  200万円(受領)受任から解決までの期間 約2か月解決のポイント弁護士に依頼する前の当事者間の話合いにおいて、相手方が不貞の事実を認めており、先に相手方が弁護士をつけたことでご依頼になりました。離婚はまだしていなか
続きを読む >>

慰謝料請求を無視した相手方に訴えを提起し、裁判所案で和解した事例

立 場  請求する側依頼者  男 配偶者(有)子ども(有)離婚した 相手方  男 配偶者(有)子ども(有)資力(有)交際期間 約4年証 拠  有(ボイスレコーダー)手続方法 訴訟慰謝料  180万円(受領)受任から解決までの期間 11ヶ月解決のポイント不貞事案の相手方に弁護士から内容証明を送付したものの、合理的期間内に応答がなかったため、訴訟を提起しました。裁判所に対して、不貞発覚後の相手方の不誠
続きを読む >>

連絡がつきづらい相手方と交渉を行い、訴訟を回避して公正証書の作成に至った事案

立 場  請求する側依頼者  男 配偶者(有)子ども(有)離婚しない 相手方  男 配偶者(無)子ども(無)独身交際期間 1年弱証 拠  有手続方法 示談交渉慰謝料  100万円(受領)受任から解決までの期間 9ヶ月解決のポイント相手方がこちらに断りなく連絡先や住所を変更し、連絡を取ることが困難だった事案です。相手方の連絡先を特定し、訴訟によることなく協議段階で解決することができました。
続きを読む >>

離婚に至っていない状況で慰謝料額150万円の一括払いで合意できた事例

立 場  請求する側依頼者  女 配偶者(有)子ども(無)離婚する 資力(有)相手方  女 配偶者(無)子ども(無)独身 資力(有)交際期間 2ヶ月以上証 拠  有(興信所報告書)手続方法 示談交渉慰謝料  150万円(受領)受任から解決までの期間 6ヶ月解決のポイント分割での支払いにしか応じられないと伝えられていた状況から、交渉により一括での支払いに条件を引き上げることができました。また、金額に
続きを読む >>

一方が不貞を認めたことのある事例

立 場  請求される側依頼者  男 配偶者(無)子ども(無)独身 資力(有)相手方  男 配偶者(有)子ども(有)離婚した 資力(有)交際期間 約2年証 拠  LINE、誓約書、証拠なし手続方法 訴訟慰謝料  50万円(支払)受任から解決までの期間 2年3ヶ月解決のポイント不貞について、先方が十分な証拠を有していない点を指摘して、和解に持ち込みました。
続きを読む >>

慰謝料請求事件

立 場  請求する側依頼者  女 配偶者(有)子ども(無)離婚する 資力(有)相手方  女 配偶者(無)子ども(無)独身   資力(有)交際期間 1年証 拠  有 (念書)手続方法 示談交渉慰謝料  300万円(受領)受任から解決までの期間 5ヶ月解決のポイント不貞行為自体に争いはなく、金額の交渉がメインでした。不貞発覚後も不貞関係を継続していたことが悪質であるとして、これを主たる交渉材料としまし
続きを読む >>

夫が2人の女性と不貞行為を行い、離婚せず協議で慰謝料300万円の獲得に成功した例

立 場  請求する側依頼者  女 配偶者(有)子ども(有)離婚しない相手方  男 配偶者(有)子ども(有)離婚しない 資力(有)     女 配偶者(無)子ども(無) 資力(有)交際期間 約2年証 拠  有 (興信所報告書、メール)手続方法 示談交渉慰謝料  300万円(受領)受任から解決までの期間 約3ヶ月解決のポイント夫が2人の女性と順次不貞行為をしたために、夫と女性に対する慰謝料請求をしたい
続きを読む >>

相手方による婚姻関係破綻の主張が排斥され、当方の主張が認められ、慰謝料を獲得した事案

立 場  請求する側依頼者  女 配偶者(有)子ども(有)離婚しない 資力(無)相手方  女 配偶者(無)子ども(有)独身    資力(無)交際期間 2年証 拠  有 (LINE)手続方法 訴訟慰謝料  110万円(受領)受任から解決までの期間 約1年6ヶ月解決のポイント相手方の不誠実交渉により条件が折り合わず訴訟移行しました。相手方は、不貞行為時点での婚姻関係の破綻を主張しましたが、判決では、不
続きを読む >>

離婚はせずに不貞をした夫に対してのみ不貞慰謝料の請求をした事案

立 場  請求する側依頼者  女 配偶者(有)子ども(有)離婚しない 資力(無)相手方  男 配偶者(有)子ども(有)離婚しない 資力(有)交際期間 約15年証 拠  有 (興信所報告書、その他(相手方の手書きの書面))手続方法 示談交渉慰謝料  100万円(受領)受任から解決までの期間 約4ヶ月解決のポイントご依頼者様と相談の上で、不貞をした夫にのみ不貞慰謝料請求をすることとなった事案です。慰謝
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?20:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP