元婚約者から婚約破棄の慰謝料請求訴訟を提起されたが,100万円減額で早期和解できた事例

依頼者  男 配偶者(無) 子ども(無)
相手方  女 配偶者(無) 子ども(無)
交際期間 約1年7ヶ月
証 拠  有
慰謝料  100万円(一括払い)
手続方法 交渉
受任から解決までの期間 2ヶ月

解決のポイント

相手方から婚約破棄の慰謝料請求の訴訟を提起されたため当事務所に依頼されました。

相手方請求額は200万円であるところ,判決まで争えば100万円以下に減額となる可能性もありましたが,判決に至るまでの当事者の精神的,物理的負担を考えると,早期に和解した方が依頼者にとって負担が少なく,メリットが大きいと判断しました。

受任後,すぐに原告代理人と交渉を開始,その後も期日間での交渉を重ね,2回目の裁判期日で和解が成立。受任から2カ月でのスピード解決となりました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?21:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP