弁護士会照会制度を利用し不貞相手の住所を特定して慰謝料を得られた事例

依頼者  女 配偶者(有) 子ども(有) 離婚していない
相手方  女 配偶者(無) 子ども(有) 資力(有)
交際期間 10年以上
証 拠  メール・LINE、手紙・写真
慰謝料  200万円(受領) 
手続方法 交渉
受任から解決までの期間 4ヵ月

解決のポイント

 依頼者がご相談に来られたとき,相手方の情報としてわかっていたのが,氏名と携帯の電話番号のみでした。当方は弁護士会照会制度を利用し,夫の不貞相手の住所を特定し,慰謝料を請求する旨の催告書を内容証明郵便で送付しました。

相手方に代理人がつきましたが,交渉により慰謝料200万円を一括で支払うとの旨で合意し早期解決することができました。

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00?20:00) 078-382-3531

離婚・男女トラブルに関するご相談メニュー

  • 浮気チェックリスト
  • 浮気を疑い始めた時にすべきこと
  • 請求額と獲得金額の相場
  • 証拠の取り方
  • 相手方との交渉のポイント
  • 浮気相手への慰謝料請求
PAGE TOP